So-net無料ブログ作成
検索選択

「供給過大」の訴え退ける=府相手の基本水量訴訟−京都地裁(時事通信)

 京都府営水道から供給を受けている基本水量が過大だとして、同府大山崎町が府を相手取り、2007、08両年度の基本水量決定処分の取り消しと、過払い分の料金返還を求めた訴訟の判決が18日、京都地裁であり、瀧華聡之裁判長は請求をすべて退けた。
 大山崎町は、府と結んだ協定は固定費負担を伴う基本水量ではなく、町の権利枠について合意したものと主張。これに対し、府は基本水量について合意したものと反論していた。
 訴状などによると、大山崎町は1998年3月、1日当たりの配分水量を7300トンとする協定を府と締結。府は2000年度以降、毎年、協定に基づき同量の基本水量供給を決定した。
 しかし、06年12月就任の真鍋宗平町長は、07、08両年度分の供給水量を同3407トンとして申し込んだのに、府は以前と同様、同7300トンの供給を決定したとしている。 

【関連ニュース
二審も監査法人の責任認める=東北文化学園大の補助金事件
山内衆院議員の元秘書再逮捕へ=融資名目で4000万詐取容疑
「訴訟への影響ない」=密約文書開示訴訟の原告側
県独自課税、二審は「適法」=条例訴訟、いすゞが敗訴
檜原村長の敗訴確定=再雇用職員の賃金訴訟

佐賀大 ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)
[パラリンピック]住職の井上「もう一度滑れた」骨折克服し
橋下知事「統一選で大阪府議会の定数削減問う」(読売新聞)
【Web】18歳未満にみえるキャラ=「非実在青少年」?(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。