So-net無料ブログ作成
検索選択

初競り 大間産マグロに高値1630万円 東京・築地(毎日新聞)

 東京都中央区の築地市場で5日早朝、新春恒例の初競りが威勢よく行われた。注目が集まる生鮮マグロの最高値は、青森県・大間産の約230キロの大物で1本約1630万円。1キロあたりでは7万円で、大間産の入荷量が極端に少なかった昨年より5000円安かった。落札した仲卸業者から、香港の飲食店チェーンと同区銀座の高級すし店が買い取った。

 競りは、脂のつき具合や色合いなどを仲卸業者が吟味した後、午前5時過ぎに鐘が鳴ってスタート。独特の節回しで番号が読み上げられ、手指の合図で次々と落札されていった。

 競り前には、卸売業者の代表が「マグロの資源規制が世界的に広がっている。日本の食文化の核となる食材の供給を長期的に安定させなければ」とあいさつし、危機感を示した。【真野森作】

【関連ニュース
雑記帳:松方弘樹さんが釣ったマグロ 築地で437万円
築地市場:来場客休日3万3000人 上野動物園を超える
<大学グッズ写真特集>近畿大学のマグロは1本20万円相当
<写真特集>マグロのぼり:力強く「ぶるんぶるん」 葛西臨海水族園にお目見え
<写真特集>毎日水族館 水辺の生物や魚がいっぱい

楽園の球根
上野の鬼嫁日記
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
債務整理・自己破産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。